ブログ

エアコンのカビの原因

雨や曇りが続きますね。

ジメジメしてて気温も一時期より下がったので、冷房から除湿運転に切り替える方も多いんじゃないでしょうか?

しかしこの除湿、場合によってはクーラー以上にカビや匂いの原因になることがあります。

所謂ドライ運転、弱冷房的な物と温度はあまり変えずに除湿する再熱除湿と言う物があります。

この再熱除湿が一番エアコンの内部を汚す原因になります。

エアコンの場合、分かりやすく言えば熱い空気を吸って、冷やして吐くという事になりますが冷やした時に空気中の水分が水になります。

そしてそのまま冷たい空気を出すのがクーラーであり、弱冷房運転になるのですが(水はドレンパンからホースを通り、外に出ます)、除湿の場合はその冷えた空気を再度温めた空気を出します。

クーラーの場合でも水が発生することにより、カビの原因となりますが除湿はさらに内部が高温多湿になるため、お部屋の環境によってはかなりの早さでカビや匂いが発生します。

特にペットを飼われているお部屋では、極力除湿は控えた方が無難ですね。